2015年の学術・講演活動

【講演・発表等】

⑥九州歯科大学特別講演(北九州市 10月25日)

⑤第20回成育歯科医療研究会大会 準備委員長(鹿児島市 2015年9月2日・3日)

④新潟大学歯学部特別講義(新潟市 2015年7月2日)

③第53回日本小児歯科学会大会講演(広島市 2015年5月21日・22日)

②成育歯科医療研究会 第18回徹底討論会発表(神戸市 2015年2月18日)

①鹿児島県歯科医師会 障害者歯科研修会講演(鹿児島市 2015年1月31日)

 

【出版等】

②小児歯科臨床12月号(東京臨床出版)

特集 保健指導は同じ目線で

「当クリニックにおける歯科保健指導とその実際」

2015

 

 

 

 

 

 

①デンタルダイヤモンド8月号(デンタルダイヤモンド社)

実践歯科ライブラリー

「かかりつけ歯科医が行う小児期からの咬合治療」知っておくべき視点と問題点

デンタルダイヤモンド

院内新聞 第11号(2016年2月発行)

11号内容 【第11号の詳細を見る】←クリック

☆理事長のごあいさつ

☆学術だより

☆夏休み感謝イベント2015

☆歯科と過剰な宣伝広告

☆おくちがポカーンと開いていませんか?

☆第二レントゲン室ができました。

☆中学校・高校へ進学される患者さまへ

☆あなたはむし歯になりやすい?

☆矯正患者さまからのお声

☆アンケートよりいただいたご意見

☆特殊な歯科技工機器について

☆新しい絵本が仲間入りしました

2014年の学術・講演活動

注目

■学会・学術発表(院長)

①第52回日本小児歯科学会大会(東京都 2014年5月16日)

タイトル「永久歯先天欠如を有する小児患者の口腔管理 第1報 当クリニックにおける患者支援」

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

②第7回日本国際歯科大会(横浜市 2014年10月12日)

タイトル「時間軸を見据えたわかりやすい小児歯科医療を目指してーMy management map 2014 包括的な口腔管理のあり方を考えるー」

日本はもとより、世界中の著名な先生方が横浜に集結し、その国内演者に当クリニックの石谷徳人院長が選ばれました。

大会オフィシャルホームページ第7回日本国際歯科大会 石谷徳人←ここをクリック

IMG_0618

 

 

 

 

 

 

③第32回日本小児歯科学会九州地方会大会(北九州市 2014年11月23日)

タイトル「当クリニックのⅠ期治療を再評価する 第1報 叢生治療のあり方を考えさせられた1例」

IMG_1466

 

 

 

 

 

 

■出版等

①書籍出版(2014年6月20日)

7186[2]タイトル「時間軸を見据えた 小児期からの咬合治療 -ーMy management map の理解と包括的な口腔管理ー」

出版:東京臨床出版

販売:モリタ・ロッキーマウンテンモリタ

書籍案内を見る←ここをクリック

 

 

 

■学術雑誌

①歯科衛生士3月号(クインテッセンス出版)

__ (2)

 

タイトル「歯列・咬合の異常、永久歯萌出時の異常のチェックで健全な口腔を育てよう」

 

 

 

 

 

 

②DH style11月号(デンタルダイアモンド社)

11

 

タイトル「子どものむし歯治療と予防に取り組んでみませんか?(11)開業医における障害児の理解と対応法」

 

 

 

 

 

③ザ クインテッセンス10月号(クインテッセンス出版)

図2

タイトル「小児歯科が変える歯科医療の未来[1]時間軸のなかで小児歯科を捉えよう」

 

 

 

 

 

 

 

④ザ クインテッセンス11月号(クインテッセンス出版)

13395[1]

 

タイトル「小児歯科が変える歯科医療の未来[2]My management mapが変える包括的な口腔管理」

 

 

 

 

 

⑤ザ クインテッセンス12月号(クインテッセンス出版)

13445[2]

タイトル「小児歯科が変える歯科医療の未来[3]子どもの未来のために私たちにできることはもっとある」

 

 

 

 

 

■学会発表(スタッフ)

①倉谷華奈

第52回日本小児歯科学会大会(東京都 2014年5月16日)

タイトル「永久歯先天欠如を有する小児患者の口腔管理 第2報 保護者へのアンケート調査」

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

②前野孝枝

第32回日本小児歯科学会九州地方会大会(北九州市 2014年11月23日)

タイトル「当クリニックのⅠ期治療を再評価する 第2報 反対咬合治療前後のセファロ分析による検討 」

IMG_1467

 

第7回 日本国際歯科大会で講演決定

今年の10月10(金)から12日(日)にかけて、4年に1度開催される世界最大規模の国際歯科大会がパシフィコ横浜で開催されます。 

日本はもとより、世界中の著名な先生方が横浜に集結します。

その国内演者に当クリニックの石谷徳人院長が選ばれました。

大会オフィシャルホームページ第7回日本国際歯科大会 石谷徳人←ここをクリック

 

 

第8号(2014年3月発行)

8号内容【第8号の詳細を見る】 ←クリック

☆理事長のごあいさつ

☆学術だより☆日本小児歯科学会認定衛生士の誕生

☆アンケートで頂いたご意見

☆お母さんの銀歯のきっかけはいつ?

☆矯正治療は分析力で決まります

☆歯周病について☆乳歯冠について

                 ☆歯の色調に近いブラケットについて 

                                              ☆技工室だより 矯正治療が終わってから使用する装置について

医院拡張工事のお知らせ

患者さま、保護者さまにおかれましては、日頃より当クリニックをご利用頂きまして誠にありがとうございます。当クリニックは今年で開院6周年を迎え、3年前には診療室の拡張工事を行い医療サービスの向上につとめてまいりました。 しかしながら、待合室の混雑状況が改善されず不便をおかけしており、アンケートにおきましても患者さまから「待合室がせまい」との数多くのご指摘を頂いている状況です。 この状況を改善するべく、本年3月より、受付、待合室を中心とした医院拡張工事を行うことになりました。 工事期間は皆様にご不便をおかけすると存じますが、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

医療法人 デンタルキッズ イシタニ小児・矯正歯科クリニック   院長  石谷徳人

詳細については、以下のポスターをご覧ください。

増築工事のお知らせ

 

2013年の学術・講演活動 

■学会・学術発表

①第38回オーソトロピクス研究会例会 (東京都 2013年3月10日)

タイトル「上顎前突症例」

②The 24th Congress of International Association of Padiatric Dentistry (June 12-15,2013 Seoul, Korea)

タイトル「Application of a three-phase orthodontic treatment concept for comprehensive and continual management of growing patients: A report of 8 cases」

DSC01884

 

 

 

 

 

 

③第39回オーソトロピクス研究会例会 (東京都 2013年7月7日)

タイトル「途中経過症例」

④第10回オーソトロピクスデイ(東京都2013年12月2日)

ケースプレゼンテーション・ボード発表

「上顎前突途中経過症例」

DSC02249 DSC02260

 

 

 

 

 

■学術雑誌

①DH style 2月号 (デンタルダイアモンド社)

図2

タイトル「見直してみませんか?ラバーダム防湿法」

 

 

 

 

 

②デンタルハイジーン2月号 (医歯薬出版)

12953[2]

タイトル「私の仕事場ファイル」

 

 

 

 

 

③新聞QUINT3月号 (クインテッセス出版)

クイント3月号

タイトル「私が目指すホームデンティスト道」

 

 

 

 

 

④小児歯科臨床 4月号 連載第1回(東京臨床出版)

― 時間軸を見据えたわかりやすい小児歯科医療を目指して  ―

包括的な口腔管理から咬合治療のあり方を考える

小児歯科臨床4月号「(1)総論 My management map の理解」

 

 

 

 

 

 

⑤小児歯科臨床 5月号 連載第2回(東京臨床出版)

5月

「(2)各論:咬合治療の流れ/乳歯列期咬合治療の実際」

 

 

 

 

 

 

⑥小児歯科臨床 6月号 連載第3回(東京臨床出版)

6月「(3)各論:混合歯列期咬合治療の実際(前編)」

 

 

 

 

 

 

⑦小児歯科臨床 7月号 連載第4回(東京臨床出版)

7月「(4)各論:混合歯列期咬合治療の実際(後編)」

 

 

 

 

 

 

⑧小児歯科臨床 8月号 連載第5回(東京臨床出版)

8月「(5)各論:永久歯列期咬合治療の実際(前編)」

 

 

 

 

 

 

 

⑨小児歯科臨床 9月号 連載第6回(東京臨床出版)

9月「(6)各論:永久歯列期咬合治療の実際(後編)」

 

 

 

 

 

 

⑩小児歯科臨床 10月号 連載第7回(東京臨床出版)

10月「(7)各論:口腔管理を成功させるための取組み」

 

 

 

 

 

 

 

⑪歯科衛生士12月号(クインテッセンス出版)

__「お母さんへの伝え方・話し方」

 

 

 

 

 

 

 

■学会発表(スタッフ)

①倉谷華奈(小児歯科認定衛生士2次審査)

第51回日本小児歯科学会大会(岐阜市2013年5月 24日)

タイトル「多数歯齲蝕を有する低年齢女児の継続的口腔衛生管理の1例」

IMG_0334

審査終了後に先生方との記念撮影

 

 

 

 

 

 

②丸山美緒(歯科技工士)

第31回日本小児歯科学会九州地方会大会(福岡市2013年10月 20日)

タイトル

「当クリニックの女性歯科技工士における咬合治療患者への成育的アプローチ」

DSC02154

 

 

 

 

 

 

③前田愛里(歯科衛生士)

第31回日本小児歯科学会九州地方会大会(福岡市2013年10月 20日)

タイトル「永久歯先天欠如を有する小児患者の口腔管理における歯科衛生士の役割」

DSC02186

 

 

 

 

 

④丸山美緒(歯科技工士)

第10回オーソトロピクスデイ(東京都2013年12月2日)

技工発表(バイオブロックSTAGEⅠ・Ⅲ)

DSC02210

DSC02237

第7号(2013年9月発行)

図1内容 【第7号の詳細を見る】←クリック

☆理事長のごあいさつ

☆学術だより☆院内医療安全研修報告

☆治療トレーニング☆歯磨き中の事故防止ポイント

☆大きなむし歯の治療(抜髄)について

☆新人紹介・産休報告

☆8020運動達成者でみる歯並びとかみ合わせ

                ☆技工室だより 矯正装置の美しさへのこだわり